マーケティング

今さら聞けない!コンバージョンとLTVの意味から計算方法までを解説


from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィス

 

こんにちは!

コピーライティングコーチの

菊池達郎(きくちたつお)です。

 

 

 

 

「さっきの時間、ちょっとコンバージョン低いね。

 達ちゃん、この時間はコンバージョン上げてこう。よろしく!」

 

 

僕が18歳で入社した、

某・外資系アパレル(もう他の記事でバレてますけどん)では

毎時間ごとに上司からこんなフィードバックを受けていました。

 

 

 

「ショップ店員」って聞くと、一見華やかそうな仕事にも思えます。

でも(少なくとも僕がいた会社は)そういう側面だけじゃありませんでした。

 

まるで、フルコミ(完全歩合制)の営業マンのごとく

毎時間「とにかく売る」ことに全神経を注ぐのです(笑)

 

 

 

ただ、この会社が素晴らしかったのは

感覚的に”売れてない感じがする”から、ざっくり指示するのではなく

数字で見て”実際に売れてない”から、具体的に”何を”改善すれば良いのかを教えてくれるところでした。

 

 

 

たとえば、

毎日の達成目標金額を朝のミーティングで共有するのですが

ざっくりと「今日は500万円売ろう!」とは言われません。

 

 

えっと、あまり細かくいうとアレなんですが・・・(笑)

 

 

「その日の予測来店客数」を「目標購入率」で割ると、

何人に買っていただきたいかが具体的な数字になって分かります。

 

 

※10,000人の来店数があって、購入率が10%だと、1,000人が買ってくれる計算ですね^^

 

 

ここまで、いいですか?(笑)

 

 

で、目標売上金額に到達するには、

その1,000人が1人当たりいくら買ってくれれば良いのかが分かるんです!

 

※目標金額が1,000,000円なら、1人当たり1,000円ですね^^

 

 

 

 

おっと!私は数字が苦手よ!・・・というあなた。

逃がしませんよ〜(笑)

 

大丈夫です、冷静に見てみてください。

とっても簡単な計算です。

 

僕は高校時代、数学の成績は「2」しかとったことありません。

テストの点数でいうと、歴代最高が34点です(笑)

ちなみに高校の偏差値は36です(笑)

 

 

そんな僕でも分かる簡単な計算ですし、とっても大切です。

もうちょっと、付き合ってくださいね^^

 

 

 

で、ここから重要です。

 

 

 

・目標売上金額が1,000,000円

・目標購入率が10%

・目標客単価が1,000円

 

この3つさえ分かれば、常に

・購入率10%

・客単価1,000円

を保ちさえすれば、目標売上に到達できるのです\(^o^)/

 

 

 

とっても単純ですね!

 

 

あとは、毎時間ごとに記録を見て

・購入率8%

・客単価1,000円

になっていたら、購入率を2%上げれば良いのです^^

 

 

 

 

これが、数字を知っている強さです。

 

 

 

 

僕らが集客や販売をするとき、

当然ついて回るのが「反応」ですよね。

 

まあ、平たく言えば「買ってもらえるかどうか」です。

 

 

 

例えば、新しいセミナーを企画して、それを告知した、と。

でも反応がない(買ってもらえない)とします。

 

 

その時、数字を見てない人が何を言い出すかというと・・・

 

 

「レターが悪かったのかしら!」

「セミナーが魅力的じゃないのかしら!」

「私、嫌われてるのかしら〜!(号泣)」

 

 

 

いやいや(笑)

 

そういう方のご相談を受けると、大体、数字を見てないです。

 

 

 

こないだ実際にあったのは、

「セミナーの告知をしたのに、1名も反応がない(泣)」というもの。

 

 

「きっとレターが悪かったんです!今から書き直します!」

と仰ったので、いやいや待ってと止めて、話を聞いてみました。

 

すると案の定、セミナーの告知ページへのアクセス数が「1」だけ(笑)

 

そりゃ申し込まれないわ、と(笑)

 

 

 

これでレターを見直してたら、それこそ「ムダ」ですよね。

 

だって、そもそもアクセスがないということは、

この場合は「アクセスを増やす工夫」が必要なわけですから。

 

 

 

こんなふうに、数字をきちんと見ていくと、

的確なフィードバックが得られるだけでなく、無駄も省けるようになります。

 

 

 

で、数字を把握するために必ず知っておきたいのが

 

・購入率(コンバージョン)

・生涯顧客単価(LTV)

 

の2つです。

 

 

※コンバージョンというのは、正確には「購入率」ではなく

もう少し広い意味合いを持っているんですが、まあとりあえずです。

 

 

 

 

購入率とは、先のお話でもご紹介した通り、

「来客人数」のうち「実際に買ってくれた人数」をパーセントに表したものです。

 

 

計算式にしてみると、

 

【 購入者数100人 ➗ 来客数1,000 ✖️ 100 = CVR10% 】

 

・・・という感じになります。

 

 

 

ね、簡単でしょ^^

 

 

 

あとは実際に、あなたのコンテンツの

コンバージョンが何%なのかを計算してみたらいいです!

 

・そもそもアクセス数が少ないのか? ⇒ アクセス数を増やそう

・コンバージョンが低いのか? ⇒ レターやコンテンツを見直そう

 

というふうに、正しく改善できるようになりますよ。

 

 

 

 

そしてもう一つ。

 

『生涯顧客単価(LTV:ライフタイムバリュー)』について。

 

 

こちらは、一人のお客様が、一生涯であなたにいくら投資してくださるか?

を数字に表したものになります。ので、単純な客単価ではないのです。

 

 

 

なぜこの数字を知っておくべきかというと、

「コンバージョンが上がる = あなたのお客様が増える」

という現象が自然と起こるわけです。

 

 

そうなってくると、いつの間にか、

あなたの周りにはたくさんのお客様がいることになります。

 

 

そうなったときに、

 

いつまでも新規獲得に力を注ぎ続けるのではなく

「既存のお客様」にもっともっと満足していただけるように

やり方を切り替えていくタイミングが出てくるかと思うのです。

 

 

 

そうした時には、この「LTV」を思い出していただき、

既存のお客様のために誠意を尽くして差し上げてください。

 

 

なぜなら、

LTVが上がるというのは、リピートされているということなので

「LTVが上がる = お客様満足度も上がる」という意味になるからです!

 

※単価の高いものを売った場合は、これに限りませんが。

 

 

 

 

・コンバージョン(CVR)

・ライフタイムバリュー(LTV)

 

この2つの数字を高める工夫をすることは、

きっとあなたのお仕事に役立つことと思います^^

 

数字が苦手な方も、それだけの価値がありますので

ぜひチャレンジしてみてくださいね\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

 

サイン(貼付用)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行責任者:Be Coaching 株式会社
 代表取締役社長  菊池 達郎

【 公式HP 】 https://be-coaching.biz
【 facebook 】 http://www.facebook.com/tatsuo.k93
【 お問い合わせ 】 info@be-coaching.biz

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

  1. マーケティング

    【マーケティング用語解説】『CTPTマーケティング』とは

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  2. マーケティング

    ルクルーゼに学ぶ、独自性・USPのつくり方

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  3. マーケティング

    【最強のマーケティング!】良い口コミを生み出す方法

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  4. マーケティング

    人から信頼されるシンプルな方法

    from 沖縄の那覇市内にあるホテルこんにちは、菊…

  5. マーケティング

    【マーケティング用語解説】『STP』とは

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  6. マーケティング

    【要注意!】新規客を増やす前にチェックすべき1つのこと

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP