パートナーライター 林 孝治

わかりやすい文章の作り方は、わかりやすい言葉選びが大切


from 北海道旭川の自宅オフィス

 

 

 

こんにちは!

 

毎週月曜日のブログ担当をしています、

コピーライターの林 孝治(はやし こうじ)です。

 

 

 

 

 

「濠を浚渫しています」

 

 

 

これは、とあるお城の工事現場に立っていた看板に

書かれていた文章です。(ネットニュースより)

 

 

 

あなたはこれを読めますか?

 

そして、意味がわかりますか?

 

 

 

サクッと答えを言っちゃいますが、

 

読みは、

「濠(ほり)を浚渫(しゅんせつ)しています」

です。

 

 

 

 

「濠」とは、

お城の周りにある堀のこと。

 

 

「浚渫」とは、

川や海などの底にたまった土砂や泥を除去する作業のことで、

土木業界で使われる用語です。

 

 

 

なので、

 

 

この文章の意味は、

「お城の周りにある堀に溜まった土砂を除去する作業をしている」

ということになります。

 

 

 

 

自分の生活とは関係ない言葉って、わからないですよね。

 

聞いたことがあったとしても、

日常生活で使うことがなければ、なかなか覚えられません。

 

 

 

そして、

言葉の意味がわからなければ、何を伝えたいのかわからない。

 

そういうものですよね。

 

 

 

そうそう。

 

でもね、

 

僕ね、

 

こういう言葉が大好物なんです(笑)

 

 

 

 

特に、

きれいな日本語とかが好きで、

新しい言葉を見つけるたびに、

かいkワクワクして仕方ないんです。

 

 

 

 

例えば、

 

僕が好きな日本語の一つに、

「清明(せいめい)」

という言葉があります。

 

 

この言葉は、

 

二十四節気(にじゅうしせっき)

という季節を表す言葉の一つで、

4月5日頃から4月19日頃までを表しています。

 

 

※二十四節気とは……

一年の四季(春・夏・秋・冬)を6分割してできた

24の期間に名前をつけたものです。

 

 

 

 

このころは、

清々しく明るい空気に満ちて、

植物や動物に清らかな生命力が宿すことから

「清明」と言われるようになりました。

 

 

「なんてきれいな言葉があるんだろう……」

 

って思ったら、

どこかで使いたくなるじゃないですか(笑)

 

 

でもね、

使いたくても、

使えるタイミングがないんです(T ^ T)

 

 

 

というのも、

 

文章を書く上で大切なのは、

文章を読んでくれる人にとって

わかりやすい文章であること。

 

 

どんなにきれいな言葉だったとしても

読む人がその言葉を知らなければ

意味がわからないので、

単なる自己満足の文章になってしまうからです。

 

 

 

 

「じゃあ、専門用語とか

 難しい言葉を使わなければいいんでしょ?」

 

そう思うかもしれませんが、

これ以外にも、気をつけたいことがあります。

 

 

 

それは、

 

意味は簡単でも、

あまり知られていない漢字を

使わないようにすることです。

 

 

 

 

例えば、

「人に質問をする」という意味で

「きく」という言葉がありますよね。

 

 

これを漢字で書くとき、

あなたはどの字を使いますか?

 

 

 

 

多くの人が「聞く」を使いますが、

たまに「訊く」を使う人がいます。

 

 

 

どちらを使っても間違いではありませんが、

 

もし、文章を読んでくれる人が

「訊く」を知らなかったとしたら、

どんなことを思うでしょう。

 

 

 

 

せっかく書いたのに、

「よくわからない文章」

と思われてしまいます。

 

 

 

そうならないように、

読んでくれる人がわかりやすい

言葉や漢字を選んでみてください。

 

 

 

 

 あなたと共に、想いをカタチにします。
 コピーライター/林 孝治

 発行依頼者:Be Coaching 株式会社
 発行責任者:林 孝治

【 公式HP 】
 ┗ https://story-like-oneself.com/

【 facebook 】
 ┗ https://goo.gl/3Rr88u

【 メールでのお問い合わせ 】
 ┗ info@story-like-oneself.com

 


The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP