セールスコピーライティング

【エンパシーライティング書き方6・7】ネガティブな感情と声を書く


from 湘南の自宅オフィス

 

こんにちは、菊池です。

 

 

 

【エンパシーライティング書き方5】読み手は何を知りたい?

の続きです。

 

 

前回まではどちらかというと、

文章を書くことによって起こしたいポジティブな要素を挙げました。

 

・文章によって得たいゴールを設定すること

・読み手の視点から文章のパーツを作ること

これらが『共感と成果を生み出す文章』の大切な要素になります。

 

 

が、もちろん、これだけではありません。

 

今回からネガティブな側面も扱いながら、

どのように共感と成果を生み出すのかをお伝えしますね。

 

 

では【手順6:ネガティブな感情(状態)】について。

 

 

以前【手順3】で、ポジティブな感情(状態)を書き出しましたね。

▼これです。(拡大・・・しなくても分かりますね)

エンパシー手順3

で、このポジティブな感情(状態)を、

機械的にひっくり返してネガティブな感情(状態)にしてみましょう。

 

辞書的に合っているか間違っているかは、無視です。

あなたの感性で、はい、10秒ほどで、サッと。

 

▼こんな感じで・・・(拡大してみてね。)

エンパシー手順6

ネガティブな感情(状態)を書き出しましたね。

これで【手順6】は完了。簡単でしょ?

 

 

そして次は【手順7:ネガティブなセリフ】です。

 

 

今書き出したばかりのネガティブな感情(状態)になっている

とってもネガティブな架空の人をイメージしてください。

 

(僕が書き出したものを例にすると、

 不安で疑っていて、冷たい状態の架空の人をイメージします)

 

 

イメージできました?

 

それで、そのネガティブな架空の人が、ネガティブな状態のまま、

あなたが【手順5】で書き出した文章を読むとします。

 

▼これですね。

エンパシー手順5

すると、どんなネガティブなセリフを言いたくなりますか?

 

▼僕の場合は、こうです。(拡大してみてね。)

エンパシー手順7

「職場が遠いから、もし住んでも通えないよ」

「塩害とか有るって聞いたことあるんだけど」

「夏場は良くても、冬場は意味なくない?」

「休日も観光客がうるさそうでイヤだ」

 

・・・こんな感じですね。

 

さっ、あなたも書き出してみてくださいね!

 

ポイントはやはり具体的に書くことです。

 

書き出してみると結構、グサッと来るんですよ(笑)

「そこまで言うか〜!」みたいな。

 

 

実際に書いてみたらよく分かって頂けると思いますが、

このネガティブなセリフのパートには、

あなた自身が文章を書くことのメンタルブロックが

文字化してハッキリと現れることになります。

 

このパートは掘り下げるととても面白いですし、

僕自身も人生が変わる体験をしています。

今日は話しませんけど(笑)

 

 

では、今日はここまで。

 

次は【手順8】でお会いしましょう。

次のところも、めちゃくちゃ面白いですよ!

 

サイン(貼付用)

 

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行責任者:Be Coaching 株式会社

 代表取締役社長  菊池 達郎

【 公式HP 】 https://be-coaching.biz

【 facebook 】 http://www.facebook.com/tatsuo.k93

【 お問い合わせ 】 info@be-coaching.biz

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

エンパシーライティングとは? ⇒ ここをクリックしてチェック


関連記事

  1. 本と時計
  2. 外人授業
  3. セールスコピーライティング

    あなたの商品の魅力が、お客様に伝わる方法

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP