NLPコーチング

「察してほしい」が起こす人間関係とコミュニケーションへの影響


from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィス

こんにちは、菊池です。

 

しばらくぶりの更新です。約1ヶ月ぶりくらいかな。

メルマガを読んでいないと「もう菊池のことなんか忘れた」という方もいるかもですね(笑)

 

ちなみにメルマガでは今までと変わらず、定期的に情報配信し続けていますよ〜。

ブログよりもずっと質の高い情報を配信し続けています^^良かったら読んでくださいね

 

子どもが生まれてから1ヶ月過ぎました

 

あっという間でした。

毎日が目まぐるしくて、ハッキリ言って4月の記憶ないです。

「生まれたー!そして今日!」って感じ。タイムスリップ感がハンパない。

 

僕がコーチングで起業した理由の一つは、いつか子どもができた時にガッツリと成長を見られるように、自宅にいられる時間が多い仕事をしようと思ったからです。

もちろんそれだけじゃありませんが、自分のライフスタイルは自分で決めたい、という夢が叶っている最中であります。

 

で、1ヶ月経ってみてどうか。

 

 

イラっとすることもありますが 可愛い。可愛いですよ。

 

もちろんまだ新生児ですが、日に日に大きくなっていく子を見て「昨日より大きい!」とか「こんなことができるようになった!」とか、成長をリアルタイムで実感できています。幸せな父親ですね^^(ちなみに非公開で育児ブログまで書いてます。笑)

 

けど「子育て手伝ってる」とか「イクメン」とか言われるの、個人的には「?」ですね。

それって「当たり前じゃないことをやってるからネーミング付けたる!」みたいなノリでしょ?

男だろうが自分の子どもの面倒見るのなんて当たり前でしょうに(笑)

 

 

まあそれはさておき、

 

恐ろしく時間がない。です。

 

 

「抱っこしてスヤスヤ眠らせた、よしこれから仕事するぞ」という時こそ、瞬間で目覚めるわけですよ。

 

「ああああああああああああ!!(腹減ったー!)」←わかる

「ああああああああああああ!!(う○こ出たー!)」←わかる

「ああああああああああああ!!(眠いー!)」←いや、勝手に寝ろよw

 

その度にまだ抱っこ、ミルク、げっぷ、寝かしつけ、寝ない、泣く、あやす、抱っこ、、、、

「ずっとお前のターン!」ですよ。

 

自分もこうやって育ててもらったんだと実感中です。

 

とにかく主張に遠慮がない

 

もうこれ。

人がskypeしてようが、束の間のトイレタイムを満喫していようが、美味しくご飯食べていようが、

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

と自分の都合だけでところ構わず雄たけびをあげる、子。

 

ちなみにうちの子は、大人がご飯食べるときに必ずグズるマンです。

 

大人しく飯なんか食わせるかあああ!

俺だああああ!俺のターンだあああああ!

 

立派だね。父も見習いたいもんですわ。

 

そりゃ時には「んな泣くなよ〜、、、オムツ代えりゃ済むことじゃん、、、」とトホホな感じも感じつつ、遠慮のない主張は素晴らしい。

自分も昔そうだったのかと思うと、過去の自分を尊敬するくらいです。

 

あたり前ですが、こんなふうに子どもはコミュニケーションにおいては「遠慮」をしません。

「まず自分の欲求を満たしたい」それがコミュニケーションのキッカケになります。

 

「察してほしい」の影響

 

大人になって「とにかく自分の欲求を満たしたい」という主張が屈折すると(特に日本は文化的にも根強いのか?)「空気読んで」とか「察して」のコミュニケーションがとられる場面も多いです。

 

例えば、イライラしてそう、とか、悲しんでそう、とか、なんか様子がおかしい。

で、それを態度で示すわけですね。「私、イライラしてます!」「俺、ムカついてます!」と。

けど、聞かれるまで自分からは言いません。気づいて欲しいからです。

 

あるいは、相手に対して「言わなくてもこれくらい分かってくれるだろう」という勝手な期待をして、その期待が裏切られると感情に支配されて我を失ってしまうパターン。

 

これが「察してほしい」です。

 

 

例えば、こんなカップルの会話はないでしょうか?

 

彼氏
ただいま〜、ああ〜今日も仕事疲れた〜
彼女
お疲れ様!ご飯食べよっか!
彼氏
はあ?!まずは風呂だろ!風呂!
彼女
え?何も言わなかったから、今日はお風呂沸かしてないよ!
彼氏
はあ?!お前、俺がどんだけ仕事頑張ってるか分かってんのかよ?!普通、こういう日はまず風呂だろ!
彼女
ええ、でもいつもはご飯が先だし……
彼氏
そのくらい察しろよ!使えねえなあ、、、
彼女
え〜、そこまで言わなくたって……(泣)

 

上記の会話だけを切り取ってみた場合、彼女に非はなく、問題解決の鍵はもちろん彼にあります。

彼も冷静になれば「俺、頭おかしいのかな」と気がつくでしょう。

でも、彼はその瞬間は気がついていないか、あるいは認めたくないので、彼女に責任転嫁するわけですね。

 

ここから「言わなくても俺のことを分かって!察して!」というメッセージが伝わってきます。

相手方として「察しようとする」のは親切心なのですが、「察してほしい」は、あえて率直にいうと「甘え」です。

 

 

「察してほしい」というのは、例えば相手に対して

  • 「言わなくてもこれくらい分かってるはずだ」
  • 「俺の気持ちにもちろん同調してくれるだろう」
  • 「きっと俺の喜ぶようにうまくやってくれるだろう」

と一方的に期待する気持ちを指します。

 

で、この期待が裏切られると、落ち込んだり、不機嫌になったり、相手を責めたりするわけですね。

なぜなら、相手の方に無自覚にしていた「依存的な甘え」が裏切られたと(勝手に)感じたとき、人は悲しみを抱くか、あるいは悲しまくて済むように怒りの感情を表現するからです。

 

そして、この依存度が深まり、まるで「相手と自分を一緒の存在かのように認識」してしまうレベルまで行くと、それを「自他の同一化」と言います。

 

「察して」は幼い方法

 

甘えるのが悪いわけではないです。

僕だって言わなくても分かってもらいたいですし(笑)特に身近な親しい人には「自分のことを分かって欲しい」と思う感覚は、普通にありますよね?

ただ、この「察してほしい=甘え」は、実は「幼いコミュニケーション方法」なので、改善方法があると覚えておいてください。

 

 

なぜ、幼いのか?

 

僕らは子ども時代、親と自分を同一化しながら生活します。

親の都合や欲求や価値観を無視して「まず自分の欲求を満たしてくれるのが当然!」という、超・自己中心的なマインドセットで生きてるわけです。笑

 

そこから大人になるにつれて、僕らは「あ、相手にも都合があるんだ」という気づきを通して「自分と相手は違う」ということを学びます。

 

 

具体的には、物の見方、考え方、欲求、信念、価値観、、、様々な違いですね。

で、それらの違いを健全に認識できると「精神的な離別」あるいは「脱・同一化」(つまり「あなたと私は違う人なのよってこと」を認識)できるわけです。

 

 

平たくしてみると、大人になることの一つの特徴は「自分の欲求を満たすときに、同時に相手のことを考えられるようになる(そしてバランスよく適切に自分の欲求を伝えられるようになる)」ということでしょうかね。

 

先ほどのカップルの件で言えば、お風呂を沸かしてもらいたいのは彼氏なので、お風呂を沸かして欲しいと伝えて同意をもらうか、自分で勝手にやる。あるいはルールを共有する。

これがコミュニケーションの基本になっていくわけですね。

 

つまり大人とは「伝えられる」人のこと

 

そう、つまり僕らは基本的に「伝える」ことでコミュニケーションを成立できる生き物なのです。

 

だから、そもそも相手に「察してくれる」なんて期待をしない。

もし期待をしても、それは自分が勝手にしてるだけ。そして相手の言動が期待と違っても、責める理由にはならない、というわけですね。

 

 

ハッキリ言っちゃうと、相手にしてみたら「お前の都合なんか知らねーよ」なんです(キャピ♫)

 

つまり「察する力がない」とか「気がきかない」とか「空気読めない」と相手を責めるのは、ほとんどの場合は責任転嫁。

図々しいコミュニケーションですので(笑)自分で工夫した方が健全だし、その後も幸せだと思います。

 

それに多くの場合、相手の方はコミュニケーションのプロではないんですし(笑)そこに期待しちゃあかんでしょ。

 

このマインドセット(前提となる考え方)が、コミュニケーションの質をより良くする方法の一つです^^

 

念のため、もう一度伝えておくと……

 

以上のように「察してほしい」は、幼く、極端に自他を同一化してしいまった「偏ったコミュニケーション法」だというのが僕の考えです。

 

が、大切なことなのでもう一度お伝えしておきますと「察しよう」とか「気をきかせよう」とするのは、人の成長として良いことだと思います。

ただし、日本の古いこだわりや価値観に惑わされて「察せない、空気が読めない、気がきかないのが、必ずしも”ダメ”」ではないです。改善するのは良いことだと思いますが、いちいち自分を責める必要もありません。(でも基本的に「あなた気がきかないわね」なんて直接言われないので、改善する機会さえ気づけないのがほとんどかもしれませんね……。)

 

どのみち「察して」と思う方に解決の糸口がありますので。ここは誤解なきよう。

 

余談ですが、学校で「相手の気持ちを察しましょう。思いやりの心を持ちましょう」と習うのも大事ですが、同時に「相手に自分の気持ちを伝えらえるようになりましょう」と習った方が、健全になるんじゃないかな(笑)

 

まあたしかに、気がきく人の方がモテますけどね(笑)

 

追伸:我が家では……

 

よく親しい間柄では「阿吽の呼吸」とか「以心伝心」とか、ようは究極の「察する」を求められたりしますよね。

 

しかし我が家では「察してほしい」は、基本的にナンセンス。

「どうして欲しいか、欲しくないのかは、言わなきゃ分からない。言っても伝わらなければ、伝わる工夫をしよう」をモットーに、仲良くやっております。笑

 

サイン(貼付用)

▼菊池達郎の書籍はこちらからご購入いただけます。
 

発行責任者:Be Coaching 株式会社
代表取締役 菊池 達郎

【 facebook 】
http://www.facebook.com/tatsuo.k93

【 お問い合わせ 】
info@be-coaching.biz

【 お仕事のご依頼 】
┗ https://www.be-coaching.biz/blog/category/job

【 LINEで簡単に質問・相談・問い合わせできます 】

友だち追加

===========

===========


The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

  1. NLPコーチング

    実績はあるのに低いセルフイメージを上げる方法

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、起業家…

  2. NLPコーチング

    自分を否定して、自分以外の”誰か”になりたかった話。

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  3. NLPコーチング

    「欲しいモノは、願ってもダメよ」って話

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

  1. ワインを持つ女性

    パートナーライター 林 孝治

    「私の話を聞いて!」ウザがられず、深みのある話を聞かせる方法
  2. ブログ・メルマガ・プロフの書き方

    ブログが書けなくて悩む方に多い。1つの大きな勘違い!
  3. 起業・経営のマインドセット

    他人に頼っても良いけど、これだけ気をつけよう。
  4. NLPコーチング

    変わろうと思っても変われない理由
  5. マーケティング

    「売り込まなくても売れる」その最初のステップがこれ。
PAGE TOP